http://www.yuguri.com/2013/02/2spacebg/ http://www.flickr.com/photos/34053291@N05/4480300600/in/photostream/

冨江公夫写真展 ~ 優しい明日へ with Nature ~

(Photo:冨江公夫)

草津市在住の写真家が、湖国滋賀の季節の植物や花のけなげな存在に向けるまなざしの作品を20点展示します。

開催:7月15日(火)10:00~7月21日(祝)15:00

場所:滋賀県立近代美術館 ギャラリー

写真家 冨江公夫からの、メッセージ

現在は人類の英知を集めた文明の利器によって、暮らしやすい、便利な世の中だと思うのですが、自然と共にいると、不便だけど、より優しく、より自分らしく居られます。

そして植物を撮影していると、それまでは判らなかった、自然界の力、やさしさと言ったものを感じます。人間として傲慢にならず、自然と共に生きていくことで、やさしい明日を生きていけると思います。

(Photo:冨江公夫)

冨江公夫、自らを語る

小学生の頃より野山を駆け回って遊びボーイスカウト活動を通じアウトドアライフに親しみ米軍放出の重いテントをかつぎ、あちこちでキャンプ生活を楽しんだ自然大好き人間。というより、遊び相手は、近所の悪ガキ連中と野山や川や琵琶湖だけ。今日のように「ゲーム機」などというモノは、全くこの世に無く、エポック社の野球盤が精一杯のゲーム機。とにかく、自然で遊ぶ、自然と遊ぶ、それゆえ自然に学ぶことが、とても多かった。
危険予知能力というか、危ない遊びも、どこまでなら大丈夫と言うことを、年上のガキ大将やけがをして学んだ。今の子供たちに一番かけているのがこの危険予知能力だと思う。これは、ほんとに大事な能力で鍛えてほしいと思う。

(Photographer:冨江公夫)

横浜日吉の写真学校へ3年通い、最初は日吉本町の「晴美荘」という六畳一間のアパート。当然、風呂はなくトイレは共同、部屋の前の廊下に流し台があった。そして、大和市の南林間の米軍将校が住んでいた払い下げハウスを友人と3人で借りて共同生活。麻雀、パチンコ、そしてバイトのちり紙交換の日々だった。
写真学校卒業後、先輩のスタジオでアシスタントをしながらプロカメラマンとして活動を開始。そのまま東京で広告写真家として活動をしていたが子供の誕生を期に自然の中で育てたいと、故郷滋賀へUターン。滋賀で仕事を始めてはみたものの、ほとんど広告写真の仕事はなかった。が、たった一人の先輩の紹介から、人間粘り強くコツコツとやっていれば道は開けてくるモノで、その内に、飛び込みで仕事を頂いたり、仕事先から新しいお客さんを紹介して貰ったり、いまだに悪戦苦闘の広告写真家生活のかたわらライフワークとして野生植物(草・木)の生態撮影を続けている。

田舎で活動してきた写真家として、仕事としてどんなものでも撮影できるという自負が、私にはある。

公式ブログ新着記事

    
  1. ゴーヤへの大きな期待値を知って

    2016年05月29日

     大きな期待を込めてゴーヤの苗を植えました。夏の日差しを遮るため、濃い葉影をつくるゴーヤのグリーンカーテンは、今やあちこちで見られる夏の風物詩。高...

  2. 滋賀サイエンスカフェ2016開催のお知らせ

    2016年04月25日

    滋賀サイエンスカフェ2016を 次のように開催いたします。コーヒー片手にサイエンス。今年で、参加者のみなさまからの好評をえて、3年目となりました。...

  3. 春がきました

    2016年03月31日

    今日、3月31日になって、どうやら桜もゆっくり2分~3部ほど開花しました。固い桜の蕾がひとつほころんで喜んだのは、もう10日程前の事。この間、花冷...

  4. 生活防災とエコ

    2016年02月19日

    本年1月にオープンしたばかりの滋賀県危機管理センターで、2月11日に防災スペシャルNHK公開放送「いざめし~生活防災とは」が行われた。初めて聞いた...

  5. 1/29 高浜原発3号機再稼働・・良否を鑑みずか?

    2016年01月29日

    1月29日夕刻、高浜原発3号機再稼働のニュースを、実に複雑な気持ちで受け止めていた。本来ならば、全廃のはずで再稼働などありうるはずもない。しかし、...

開催資料

Adobe Readerを入手


主催:滋賀サイエンスカフェ実行委員会

後援:滋賀県、滋賀県教育委員会、大津市、(公益財団)日本環境協会

協力:滋賀県立近代美術館、滋賀環境カウンセラー協会、おおつ環境フォーラム、滋賀大学環境学習支援士会、淡海文化振興財団、大津市市民活動センター、滋賀県立琵琶湖博物館、滋賀県地球温暖化防止活動推進センター、滋賀県琵琶湖環境科学研究センター 他

連絡先:滋賀サイエンスカフェ実行委員会 事務局

E-mail: ※☆をアットマークに変えてください。

滋賀サイエンスカフェ実行委員会(以下「当委員会」)は。滋賀サイエンスカフェ2014開催のための、参加の申し込み、アンケート等の実施の際、参加者の氏名、住所、メールアドレス等の個人情報をお預かりする場合がございます。

集められた個人情報は、当委員会からのご連絡やご案内、ご質問に対する回答等のご送付に利用いたします。

当委員会は、参加者のみなさんよりお預かりした個人情報を適切に管理し、上記の利用目的以外の使用はいたしません。

(滋賀サイエンスカフェ2014実行委員会)