第11回 バケツ一杯の水からそこに住む魚をあてる~環境DNAのはなし~

20170604_A4

魚類等の定性・定量生息調査は、水産資源管理や生物多様性保全に不可欠だが容易なことではありませんでした。水のなかに浮遊するDNAを分析することで、それを可能にする「環境DNA」と呼ばれる新しい技術が生まれつつあります。

  • 日時:2017年6月4日() 14:00~16:00(開場13:45)
  • 会場:大津市生涯学習センター 4階 視聴覚室(大津市本丸町6-50)
  • 参加費:無料
  • 講師:近藤 倫生氏龍谷大学理工学部環境ソリューション工学科教授
  • お申込み:E-mail: moushikomi@shiga-sciencecafe.jp(申込先着順:40人)
    以下のフォームからもお申し込みいただけます。Webお申込みは終了いたしました。
  • 主催:滋賀サイエンスカフェ実行委員会

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です